定年後生活、リビング居座り夫、妻の居場所がない、夫在宅症候群、夫源病??

桜満開ですが 風邪のため引きこもっています

IMG_2267-5

テレビっ子の夫婦です

定年の数年前からダンナがテレビ録画の管理をし始めました

ずーっと私がしていたのに、、

「録画整理」終活、DVD整理、終わらない、始まらない、ダメだこりゃ(2018年3月20日)

こちらの録画機ではバラエティ、こちらの録画機ではドラマなどなど

さらにフォルダーを作って分類しています。

始めはすごく嫌でした

今でもいやです。

善意でしているつもりのようなので

とりあえずしたいようにさせていました

そして この数年

夫がリビングに居座ってテレビの録画を何時間も見るようになりました。

とても嫌です。

わたしが見たくもないドラマを何時間も見ています

そうするとリビングに私の居場所はありません

番組の改変時、新番組が始まると見たくないドラマなどはさっさと削除しています。

そうしないと夫がドラマを見始めるのです。

1本見始めると10時間です。

初回を削除すると見れません

が、、この頃

削除されないようにさっさと自分フォルダーを作って入れるようになってしまいました

そうなるともう削除できません

自分が見るという意思表示です。

何でもかんでもです。

「それ面白い?」

「面白くもないのに惰性で見なくてもいいんだよ」

「面白いのだけ選んだら」

なんて言ってみましたが

「面白いかどうかはちゃんと見てから判断する、見もしないで評価するのは作った人に失礼だ」

と言ったことを返してきます。

「お前はだれだよ、

テレビ評論家?だったらちゃんと見て評価するべきだろうけど

何時間もくだらないテレビを見て座ってるんじゃない」

と心の中で思いながらイライラしています。

土日はダンナがリビングに居座るので嫌で仕方ありません。

ダンナは私が録画を消したりして

「ダンナの見るテレビの選択をしている」

とおもっているようですが

違います。

ダンナがつまらないテレビであろうが、面白くないテレビであろうが

どんなテレビを見ていようが全く構いません

何時間見ていようが全然かまいません

テレビばかり見ているとボケるという話も聞きますが

そんなこともどうでもいいです

ただただ

リビングに居座らないでほしい

それだけです。

専業主婦のリビングって みんなのものであって主婦のものなんですよ。

2時間とかならまだわかる

ほぼ居座ってテレビを見ているのが嫌です

でもそれが言えていません。

なぜか言えないのです

リビングは私のものではないからなのかもしれません。

何よりも「ジャマ」なんて言えません

せっかくゆっくりしているので言えません

他の部屋にもテレビも録画機もあります

なぜそちらでしないんだ

そちらでしてくださいよ

まあリビングが楽だよね

温かいし お茶もあるし、、

他の部屋なら暖房からし直さないといけないし、、、

リビングに居座らないで、、、

言えません

これが定年後の再雇用が終わって

会社に行かなくなったら毎日続くのかと思うと暗いです。

定年退職したら何時間もリビングに居座るのか、、。、

「定年退職したら家に居場所がない」といいますが

ダンナの居場所を作っていたら

自分の居場所がなくなるんだなあ

と思う今日この頃です。

夫源病、夫在宅症候群、なのか、定年前なのにもう?(2017年1月29日)

いらいらの結末、定年夫婦の距離感がむずかしい(2017年3月30日)

些細なことが積み重なって夫婦の溝は深くなっていく

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする