いらいらの結末、定年夫婦の距離感がむずかしい

昨日のイライラ、夫在宅症候群(かも)夫源病(かも)の結末、

こちら

その後を書いておきます。

 

私は 先日、すごく不機嫌だったらしい、、

ダンナはそそくさと自室に引っ込みました(就寝時間)

 

夫が悪いというわけでもなくて、、

自宅で過ごす 夫 と 妻 の 微妙な距離感の問題です。

いわゆる 夫在宅症候群の一種だと思われ、、

B25640

翌日はイライラは収まっていて

ダンナが帰ってきたらニコニコしておこうと思っていました。

普通の時は引っ込んでいる感情です。

 

帰宅したダンナはケーキを買ってきていました。

「疲れてた?イライラしてたね」

「おう!ありがとー!」と受け取る。

ね いい人でしょう

すまん、、あんたが悪いわけではないんだ、、

 

ありがた~く食べながら

「根本的な解決していないよな~」と心の一部で思いました。

 

多分ダンナは なんでイライラしたがわかってません。

おいしいものを食べて気分が変われば、、と気を使ってくれました

本当にありがたいです。

 

なんといっていいか、、理論的に説明できないけど

感情的なことだけではなくて

生存本能的に イライラする というか、、

アイデンティティ的に浸食されるようなプレッシャー、、

 

 

B26588

 

定年後、狭いうちで 在宅する夫と過ごす近い未来、、

 

楽しいこともいっぱいあるはず。

仲良くもしていきたいです。

 

でも 時々現れるイライラ、、

 

今後もこんなかんじでごまかしごまかし過ごすんだろうか、

いつか 爆発しそう、、

 

爆発するときは

相手をやり込めたり、言い負かしたり、じゃなくて

夫婦に見切りをつけてしまいそうです。

 

いやいや、、それは ない、、

 

コメント