あちゃ ツタヤが停電?と思ったら、、時間勘違い

午前中ちょっと早めに用事があったので外出。

 

ツタヤで借りた映画をついでに返しに行きました。

ツタヤに行くと自動ドアが動きません。

店内は電気がついています。

感度が悪い自動ドアの場合 開かないこともあるのでドアの前でウロウロ。

どこに立てば私を感知してくれるのかな。

どうもこのドアはダメみたいです。

stop

反対側の入り口に移動。

やっぱりドアの感度が悪く開きません。

「せっかく返しに来たのにどうしたものか。。」

 

よく見るとちょこっとだけ隙間があります。

指を入れて、、手のひらを入れて、、、

ちょっと押すとドアが グググと開きました。

「なんだ 手動で開くじゃないか」

と思いつつ 入店。

 

カウンターの店員さんの前に行って 返却の映画をおきました。

怪訝な目で見られたので

カウンターが違ったかな?

(本の販売用のカウンター???)

ズズズズzとさらに奥のカウンターに移動。

「返却はここですか?」

 

「あの 開店時間前ですが、、、」

ばつまる

あ そうか 今日は早めに家を出たんだった、、

時刻は9時40分。

時間のことは失念していました。

 

店員さんが一斉にこちらを向いています。

「返却ボックスは外にあります」

 

ササッと店を出て返却して帰ってきました。

 

見渡せば駐車場にはほかに車がありません。

他に人もいません。

開店前です。

なのに、、

ドアが開かないときに 開店前だなんてまったく思いませんでした。

 

自分が間違っているとは微塵も思いません。

 

これだから おばちゃんは、、、、

 

これを書いていて思ったけど

感度の悪い自動ドアっていつの間にかなくなりましたよね。

昔々は 時々あったのに。

コメント