実家で姉妹の正月、楽し、「鬼火焚き」が懐かしい

正月明けてから姉が帰省してきたので実家に行ってきました

もうだれも住んでいない実家にお泊りです。

電気 水道は通っています。

畑があって 海があって 山があってのんびりとしています。

 

若者がいなくて老人ばかりの集落で

学校も閉校になるそうです。

img_2220-112

「今日は鬼火焚きをします」

なんて地区の放送で流れてきて

すごく懐かしくなりました。

 

「鬼火焚き」という単語を久しぶりに耳にして口に出しました

田舎なのでやっていたんですね

今は個人宅で燃やすのは危険なので地区で持ち寄って広い場所で焼くそうです。

ニュースになるほどの大きな行事ではなく地区でこじんまりと行われます。

 

町中にいると

おおきな正月飾りもしませんし

お飾りはゴミに出すので焼くことはしません

 

 

実家もどんどん古くなります。

 

私たちも年を取るので

「いつまで実家に戻れるかね」

と 話が出ました。

 

なんとなくほっとする空間なので無くしたくない気持ちと

手間とお金がかかるので見切りをつけたい気持ちと

はあ どうすればいいんでしょうか

 

コメント