食いつくし系、辛子明太子食べ争いに破れた、残念

先日 辛子明太子を買いました。

辛子明太子、好きなんです。

ご飯にのせて食べるだけでおいしい。

だけど高いです。

先日パック入りの半額品があったので購入。

(半額でも悩む)

 

我が家の夫は食いつくし系

本人は自覚をしていないが、

いわゆる「正統派食いつくし」には及ばないが

私はうっすらと そう思っている

410100

明太子は3腹

数え方がわからないのですが、そういう数え方でいいの?

1.5腹?、よくわからないけどまあ3本はいってました

これ、どう思います?

単純に考えて夫婦2人なら一人あたり1.5本です。

 

旦那はさっさと1本食べてしまった、早!

1本まるのままにしておくと さっさとがぶがぶ食べてしまうので

2本の残っていたので包丁を入れて8切れに(1本を4切)しておきました。

 

その日は食べなくて

翌日、

私0.5本(2切)を食べる。

旦那0.5本を食べる。

残りは1本で私の分だよね(まあセコイ)

 

次の日

旦那が明太子を食べてる!

ん?ん?(わしのじゃ~~)

そしてあろうことか

目の前で残りの1本(4切)全部食いやがった!

 

わかるよ、、厳密に分けたわけじゃないから

1本(4切)残っていたら食べてもいいと思う。

うん わかる。

 

だけど なぜ全部食う?

しかも私の前で?

「私も食べるんじゃないかなあ」と思わない?

食べるなら せめて半分だろう。

 

全部食べるのならその前に

「食べないの」と確認しろ、

「もらっていい」と聞け、

 

なんかむかつく、納得いかない。

辛子明太子美味しかったのになあ、、残念

なんてセコイ争い。

 

長年の夫の行動で思うこと

普通の人は 人数で分けるというのは暗黙の了解がある

そこのところの意識がないのです。

 

上で「私も食べるんじゃないかなあ」と思わない?と書いたけど

普通のひとは思わない、

わざわざ考えることもなく意識の下で了承してる。

身についているというか刷り込まれてます。

 

夫系(くいつくし)の人は何かが違う。

「人も食べる」ということは理解していますがでも何も考えてない。

「人数わけ」暗黙の了解の概念がないから本当に何にも考えてない。

食べ物以外のことではたぶん大丈夫。

頭が悪いとか算数ができないとかそういうことでもないのです。

おなかがすいているとかでもありません。

欲張りとかでもありません。

早い者勝ちという競争観念もありません。

あるから食べる、それだけ。

 

今はだいぶ慣れたので

「よく食う人だなあ」と見るようになりましたが

ときどき ちょっとむかつく周期があるみたいです。

 

それが、「イセエビを一人食いされた」とか

そういった高級食品じゃなくてちょっとした食品なのが残念ですが、、

 

今回は辛子明太子のきれっぱしでした。

その前がハンバーガー

ハンバーガーが消えた、あいつだ!食いつくし系(2017年12月12日)

その前の前がまんじゅう

「食べ物の恨みは忘れない?」ダンナ、あんたおかしいよ、食べつくし系(2016年11月10日)

セコさ と 貧乏さ が際立つ食べ物の話ばかりですみません

 

こうやって些細な不満が積み重なっていきます

日々の生活の中ですっかり忘れてしまうんですが

年を取ってから急に思い出して

ボケてから食い物の恨みつらみを言いそうで怖いです

コメント