「仕事する」と言ったらしい、定年高齢者継続雇用の2年目

先夜、

「(継続で)仕事をすることにした」

という報告を受けました。

 

あと1年、高齢者継続雇用の契約社員です(契約期間は1年)

ハイ オメデトサン。

sumitB44492

決定事項です、相談ではありません。

雇用側に「このまま続けるか」と聞かれて

「続ける」と返事をしたらしいです。

 

まあ 「そうなるだろうなあ」と思っていたので

「やっぱり」という感想しかないです。

が、、、

ちょこっとだけ「事後報告かよ」とは思いました。

きっと結果は同じですが。

 

「そうなるだろう」と思っていたけど 気になるのは条件、、

退職前と全く同じ勤務時間(もっとハード?)と責任なのに給料半額

これは何とかならないものか、、

 

「条件は?(変更あった)」

答えは、「そのまんま、、」だそうです。

「提案」や「要望」など「変更してほしいこと」についは

なにも聞かれていない、言ってないとのこと。

 

「言いにくいよ~」

そんなもんですね。

 

私としては 給料半額の部分よりも

退職前以上の働き方(勤務・時間)のほうが気になります。

あんた それでいいのかい?

足元見られてないか?

必要とされる、頼られる、人生には必要だよね、定年後
定年定食後の再雇用・契約社員の安い給料で定年前と同じ仕事をしている夫。 きつい、忙しい、休めない ながらも2年目に突入しそうです。 「きついなら辞めてもいいよ」的なことも言ってみましたが ど...

 

これも一種の裁量労働??なのでしょうか。

「言いにくいよ~」で終わり

 

私は いろいろと複雑です。

コメント