定年前の有給休暇の消費、、「無理」らしい、、

会社には法律で決められた有給休暇があります。

でも

地方中小企業に勤務しているうちの旦那さんはほぼ取れません

 

有給を使えるのは本当に理由がある時だけです。

病気の時(かなりひどい熱、伝染性など)、慶弔時 とか・

 

毎年毎年、未消化のまま過ぎていきます。

取りたくても取れない状態です。

「労働者の権利」だけど、周りの社員や相手方に迷惑がかかるということです。

有給1-2

 

大手の会社や福利厚生の整った会社はちゃんと取れるところもあるようです。

うらやましい。

有給1

 

だから 旅行もいけません

土日を利用して一泊二日、、

田舎に住んでいるので空港まで3、4時間かかるります。

飛行機に乗っての旅行なんて

交通機関に乗っている時間が半分以上で

たった二日では

ただただ目的地のホテルに泊まって帰ってくるだけの旅行となります。

車での旅行も同じようなものでとにかく観光地と言われるところまでが遠い

有給も取れないので旅行不可です。

 

盆・正月の帰省は必要ありません。

社員の全員が地元住民です。

本当にローカル、、

 

さすが12月30.31日と正月3が日は休みです。

お盆も8月13~15日はお休みです。

お盆については有給というより地方ならではの習慣です。

田舎は「お盆行事」や「墓参り」「親戚集まり」があります。

お客さん側も同じです。

やっぱりローカル。

ということで 少し休めるのはそれくらい、、

 

土日や連休に有給をプラスして海外旅行、、なんて絶対に無理

国内旅行も無理、、

 

世の中でよく聞く

「定年退職前の有給の消費」

「定年退職日の前にひとつきお休み、、」

「実質 仕事はひと月前まで」

ということはなさそう、、

 

「だろうなあ」とは思うけど、、

せめて3日、、いや2日、、休めないかね、

 

ちょっとダンナに聞いてみたら

「無理 休めないよ」

とすぐに返事が返ってきたよ。

コメント