終の棲家、若いころの家は何年もつのか?

3月5日、、春の嵐でしょうか

ものすごい風が吹いています。

 

我が家はぼろい家なので隙間風が凄いです。

ぴゅーぴゅー、がたがた、、

何度締めても家中ののドアがガチャリと開きます。

 

ここまではある程度お決りの笑い話(実話ですが)として、、

今日の風は怖い

B21388

ずーっと強風は吹いていますが時折さらに突風が吹きます。

家がずんずん揺れている感じです。

気が付くと一階部分だけ残して上が飛んで行ってしまうのではないかと心配になります。

上どころか根元からミシミシ傾いて根こそぎ家が壊れるんじゃないかと思うくらいです。

 

お金もないので、ここが終の棲家になるかと思っていましたが

このうちは果たしてどれくらいもつのでしょうか。

 

もともと中古の家なのでかなりの家齢です。

若いころ家を建てて定年後の「終の棲家」というよりさらに一世代前の家

おじいちゃん世代が「終の棲家」にするくらいの家です。

じっちゃん家という感じです。

 

古い家と言っても昔の大きな柱を使ったどっしりとした家ではありません。

サラリーマンのじっちゃんが建てたその当時の「今時の家」の古い家です。

当時は建築気球法もあまいし、

耐震?なにそれ? の時代の建築物です

 

じっちゃんの建てた家に住んでいる人は我が家のほかにもいると思います。

どうしますか?

あとどれくらいもつでしょうか?

 

じっちゃんの家 とまではいかなくても

20代で建てた家も定年後そうこうしていると築40年、50年、、

今は長生きなので

じっちゃんではなくて自分で建てた家が築60年、70年。

 

終の棲家は何年もつのか、、

本当に今日の風邪は怖いです。

夜は止んでほしいです、このままじゃ眠れない

 

コメント