元気です、ソワソワ落ち着きません、お盆と夏休み

すっかりご無沙汰しています。

夏、、暑い。

デブなので 動けません。

sumitasoB11032

夏休みとお盆前でソワソワ落ち着きません。

あとちょこっとだけボランティアに行ってきました。

個人的に変化もありました。

お盆については

そう信心深いわけではありません。

全部「親任せ」でした。

親がなくなって 姉と2人でやってます。

お盆そのものは

お供えをして 花を飾って 提灯を下げて

お坊さんに来ていただいてお経をあげてもらって

お墓に参って

といった感じで お決り的にすみます。

(もちろん供養の心はあります)

その他の いろいろがとても面倒です。

実家が田舎ですからね。

親戚がまだそこに住んでいるので地区のお付き合いはあります。

それと 親戚関係のお付き合い、

初盆の家もあります。

初盆飾りのこととか、、

だいたい7月の末頃から 初盆のところをピックアップして

お供え物を探して 注文します。

親が亡くなって代替わりをしたので

どこまでするべきなのかは悩むところです。

亡くなった後なのに

「親の顔は立てておきたい」

「親の顔はつぶせない」

と思います。

もういないから、なおさらなのかもしれません。

下世話な話ですがお金もかかります。

あと 姉家族の帰省

これもねえ、、

メリット デメリットありです。

一緒に親戚関係の対処とか 供養関係をしてくれるのはありがたいけど

「車係」が必要なんです。

バス?? 3時間に1本です。

とにかく実家は田舎の山の中です。

で 先が海しかないどん詰まりの場所なんです。

田舎でも「A町とB町のあいだの田舎」だったら何かしらの交通機関もあるでしょうが

端っこの先は海しかない田舎、、

限界集落へ向かうだけバスはどんどん減らされてます。

最終バスが17時台だよ おい!

タクシー?片道6000円~かかるんです。(乗る場所による)

上ったり下りたり、「くねくね道ばかり」で走行距離が異常に長くなります。

やっぱり「車係」いるんですよ

これやると疲れます、、

夏休みの件

夏休みと言っても”学生の”ではなくて”成人の県外子”

お盆休みに帰省してきます。

待ち遠しくてうれしくもあるんですけど

生活リズムは壊れるし

いらぬ世話を焼いて 自分で勝手に仕事を増やして疲れてしまいます。

ボランティアについては言いたいことがいっぱいなので後日。

そんなこんなで なんとなく落ち着かないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする