「袋ありますか?」「ポイントありますか?」

「買い物袋ありますか?」

「ポイントつきますか?」

「ありません」

「ありません、袋ください」

スーパーでこういう会話をしてレジ袋をもらって帰ってきました。

IMG_1000-1

家にどんどんたまっていくスーパーの買い物袋。

ゴミ出しなどの時使うので必要なものですが

使う量よりもおおくてたまっていきます。

 

環境のためにも買い物袋は持参しましょう。

ということで

ほとんどの場合は袋をもっていきます。

この頃のスーパーでは買い物袋は有料のところもありますからね

ポイントがつく場合もあります。

 

上の会話をしたのは地方のスーパー。

ちょっと買い物をしたら500円程度でした

あんまり袋のこととか考えずにいたら

レジの人に袋の有無をきかれて

『たしかバッグの中を探せばあったはず、、』と思ったものの

めんどくさくなって

「ポイントつきますか?」って聞いてしまいました。

「1000円以上のお買い物の場合はつきます」だって、、

 

ちょっと考える

ポイントつかない、(レジ袋が)有料でもない、、

バッグの中探すの面倒だ

もらっておこう。

「ありません、レジ袋ください」

 

どうしても欲しい というものでもないんですけどね

むしろ 家の中に余っています。

 

自分でも思うよ、、

みみっちい、、セコイ、、

 

スーパーなどの買い物を詰める場所で

設置してあるビニール袋をカラカラと何枚ももらっていくのは恥ずかしい

とおばさんをテーマにしたお話の時によく出ます。

さすがに それはしませんが、、、

 

身についてしまった習性というか、、

「もらえるものはもらっとけ」がいつまでたっても抜けません。

昔は物がなかったからね、、

うちの親もそうだったし。

ケチなのか、、、

”節約”じゃないんです、、セコイんです。

 

でも ケチなのにお金が貯まらない、、

なぜだろう??

 

”節約”の人は 貯まるんだ きっと

コメント