「退職金があっという間に減った」とは他人事かと思ったがわかる気がする

初めに 我が家の退職金は今のところそう減っていません。

「減っていない」ではなくて初めから減ってました(少なかった)。

あと よくある

退職金で旅行、

退職金でリフォーム

退職金でご褒美

も 全くしていません。

「退職金があっという間に減った」

とは よく聞きますよね

「気が付いたら老後資金が足りなくなった」

とか、、

B6465

たいていは 上に書いた

旅行とか ぜいたく品とか ご褒美とか の話が続くのです。

すこし前まで

「あほだなあ」と思ってました。

「使えばなくなるだろう、気が付かんのかい」と。

このごろ なんとなくわかります。

ほんと

「あっという間に」「なんとなく」減ってます。

で 突然 気が付きます。

減っているのはわかってます

使っているのはわかってます。

でも ある日 ふと認識します。

その時までの表現が

「あっという間」という言葉

数字と感情がつながると いうか、、

数字と現実がつながる というか、、

数字と未来生活がつながる というか、、

先日銀行にって 減っているこ気が付いたとかきましと書きました

お金をおろしに行って通帳を見たら 残額が減っていた 急に減っていたわけじゃないですよ 先月も先々月も減ってます ...

見ていないのです。

通帳の残高は減っている

それは見てわかります。

減っているなあと理解しています。

それだけ、、

目にうろこ

目がふしあな

通帳と 理性と 感情と 脳 と 心 が つながっていないのです。

何とかなるさー

そんなもんさー

なんて やり過ごしてきて

ある日 ちゃんと見える

うちのように 貧乏家庭でもこうですから

退職金がウンゼン万も目の前にあったら そりゃあもう、、

気も大きくなって、ご褒美の額も上がって、、

気が付くのは半年後 1年後 3年後、、、

半年でもあっという間

3年でもあっという間

という感じなのだと思います

ばかだね~

と思っていたけど

それって意外と自分だわ。

他人事なんかじゃありません。

で 怖いのが

私のようないい加減な人間には

これが2度3度あるってことです。

気が付いた当初は引き締めるんだろうけど

人間 すぐ忘れるのです。

また

何とかなるさー

そんなもんさー

なんて やり過ごしてきて

ある日 気が付く、、

わたしは自分に甘いのです

怖い、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする