令和2年7月豪雨、雨がやみません、川と雨雲レーダーを見続ける日々

九州北部在住です。今日も雨が降り続いています。

 

今回の雨は「令和二年7月豪雨」と言う呼び方になるそうです。

今はまだ「令和2年7月豪雨」のただ中です。

私の住むところでは7月5日から本格的な雨になり6日、7日はとても怖かったです。

8日には一端止んだので安心したのですが9日よりまた雨です。

  

そのときは「(天気は)12日まで不安定」という予想だったのですが、今日になってみると「14日まで不安定」の予測になっていました。

数十分ごとに目の前の川の水位を確認しています。

ザーザーと雨の音が強くなると川の音も大きくなり水量が増します。

  

あとは「雨雲レーダー」を頼りにしています。

「雨雲レーダー」ってとても正確ですね、、黄色やピンクの地域になると実際に雨が強くなります。

雨雲レーダーによって数時間の雨の様子がわかります。

昔には無かったアイテムですね。

雨雲全体が確認できるのでそれを見て一喜一憂です、、

「一喜」って言うことは無いんですけどね、、「一安」でしょうか、、、

「一安」、、ちょっとだけ安心するかんじです。

  

夜も眠れないんですよ、、、

というか アラームを2時間ごとにセットして寝ています。

増水するときは「あっという間にする」というので

「2時間ごと」ではちょっと長すぎるかもしれませんが 

せめてそれくらいは寝たいです。

  

起きては「川の確認」です。

一端起きると 寝付くのに時間がかかるので 実際は2時間よりも少ないですね。

雨雲レーダーで数時間雨が弱まりそうなときには昼間でも寝ています。

 

自然は人間の力ではどうにもならないことですが本当に災害が増えている気がします。

皆さんもお気をつけください