2019-2020年末年始、子供達は大変そう、「仕事に命なんか賭けないで」

遅くなりましたが 2020年明けましておめでとうございます。

 

我が家は2019年から2020年にかけての年末年始が昨日(1/5)で終了しました。

 

前期の子供が12月19日よりで、

その後入れ替わりで帰省してきた子供が1月5日に就職先に戻りました。

約2週間の年末年始でした。

 

家に若い子がいると ぱあっと明るくなります。

久しぶりの団欒で楽しいです。

賀正

しかし、、食事とか洗濯とかがどっと増えて忙しく疲れもします。

 

帰省が終わると ほっとするのと、、、さみしくなるのと、、、

 

いや~ 帰ってきて顔を見せてくれるだけでもありがたいです。

 

「はあ、、戻りたくない」

「、、仕事したくない、、」

「ああ、、(気持ちが)くらい、、}

と トボトボと帰っていく子供を見ると こちらもちょっと滅入ります。

とてもかわいそうな気分になります。

 

みんな生きていくのは大変みたいです。

 

偉くならなくてもいいからね、、

人並、普通でいいからね、、

いや 人並みでなくても とにかく生きていてくれ、、

ほどほどで、、

 

いつも子供に言ってます。

「仕事に命なんか賭けなくていいからね、、」

 

これは どうなんでしょうかねえ、、

ダメ親ですかね

立身出世する人の親は「がんばれ、がんばれ」と言うのかしら?

 

「子供に偉くなってほしい」と思ったことはありません。

だだ 幸せでいてほしいです。

 

うん、、やっぱり私は言えない

だって 子どもはもうすでに頑張ってる。

 

親もしっかりしないと。

子供に迷惑はかけられないです。