朝起きて むなしくて涙が出たよ、熟年離婚がわかる気がする

先日 車での移動があって車内で夫と話しました。

夫は夏から「年金移行期間の特別支給の厚生年金」が適用されるはずです。

 

それについての話やほかのいろいろが話題になったのですが

「来年の夏以降も仕事をする前提」で話がされていた。

、、、

 

はあ そうですか、、、、

 

no1

 

今年の初めに「仕事は年末までで辞める」と言ったお話はどこへ行ったのでしょうか、、

 

「来年の春になるかも」

という話もなんとなく聞いていたけど、、、、

それは

”年末に辞める”が決定事項で、でも”年末までの仕事”が終わらずに、

「年明けにずれ込むかもしれない」の話だった、、はず、、

 

”夏以降も「辞める準備のために働く(諸事情でやめられない)」ではなく、

普通に仕事を続ける” 話をしていたよ。

 

もうなんも言わなかったけどね、、

適当に話を聞いておいた。

 

この人は 定年しても なんも変わらなかったよ。

 

翌朝 起きたら むなしくて 涙が出たよ

 

私の話も 私のことも 考えてはいない

もう この人に何を期待してもがっかりするだけなんだ

 

熟年離婚って わかるよ。