実家がどんどん遠くなる、亡くなって8年(空き家8年)

正月から2週間も過ぎた成人の日の連休、

やっと私のほうの実家と寺に行ってお参りをしてきました。

とーちゃん、かーちゃん、ご先祖様、遅くなってすみません。

 

私(妻)のほうは両親とも亡くなっていません。

母がなくなって8年です。

空き家になって8年。

 

どんどん実家が遠くなります。

車で1時間ほどで行けるのですが行く頻度が少なくなりました。

 

年始参りがこんなに遅い時期になったのは初めてです。

親がなくなった当初は

年末にはお飾りをしに行って

年始は「さんがにち」には行っていました

周りに住んでいる親戚にもあいさつに行ってました

 

本当に「去る者は日日に疎し」です。

 

と言っても、

育つ中で長年培ってきた宗教観や風習感は抜けないので

おろそかにすると後ろめたさがあります。

 

お参りが終わってホッとしました。(遅れたけど)

 

sumitP1100457-7

 

実のところ、ここ数年は実家に帰るのは

「私が行く」というよりは「姉が行くので私も必然」的なことが多いです。

 

姉は連休があると実家に帰ってきます。

実家は交通の便のかなり悪いところにあるので

うちの車で私が送迎運転手となります。

 

姉のほうは私より実家への執着はあるみたいです。

私は懐かしさもあるけど「ちゃんとしなければ」という義務感的なところもあります。

 

姉妹でも実家に対する考え方や思いは違うんだなあ、、と実感します

 

この「ど田舎の実家」、、

空き家でも維持にお金がかかります。(固定資産税・光熱水・手入れ・近所関係)

「これからどうするか」についても

この「思いの違い」がなかなか問題となるところです。

 

「このうちも何とかせんとな~」「そだね~」という会話が毎度毎度です。

そこで終わり。

具体的な話は面倒くさくてしたくない。

 

どうするかなあ、、

と言っても、処分するにも 田舎すぎて売れない家なんですが。

コメント