運転免許更新したよ、捨てられなかった、落ち込む

運転免許の更新のこと

免許更新ハガキ、免許返納、年を取ると運転したくない(2017年11月2日)

運転免許返納を悩み中(続)、更新まだ行ってない(2017年12月25日)

期日が迫って来て そうこうしているうちに年末、、

年始にずれ込むとバタバタして更新期限が過ぎてしまいそうなので

年内にしておこうということで手続きに行ってきました。

B7482

運転免許、、捨てられませんでした。

現実 日々使っているし、、

もったいない気がして、、

 

一旦手にした荷物はなかなか捨てられません。

 

かといって

せっかくやってきた「捨てるチャンス」をつぶした気もして

踏ん切りがつかなかった自分にもモタモタ

 

なんか落ち込んで帰ってきました。

 

こうやって 拘束が増えていく

なければないでそれなりに創意工夫するだろう

あれば頼ってしまう

 

なのに、、、できなかったよ

確かに車は便利だし長いこと生活に染みついています。

 

そんな中、今日は旦那の迎えにいきました。

雨の日や夜は運転したくありません。

ダンナの迎えは夜なので行きたくないです。

でも、、

バスを利用しろよ

と言えないです。

 

バスがある時間だよ、

お金(バス代)も出すから、、

そんなことを思いながらむかえにいきました。

 

車検のことも考えました

車検が切れて、車がなければ 運転もできない。

でも旦那は嫌そうです。

定年と契約社員と老後と車と運転①~(2017年11月2日)

 

自分で踏ん切りがつかなかっただけなのに

そうやってどんどん このままの生活の拘束があるのかと思うと心が重くなります。

 

老後生活に入る 切り がつかない

 

実家のことだって、、

「遠いから車が必要だから」とは

「免許を手放したくない言い訳」かも知れない

 

免許がないから実家に行けない、

実家があるから免許が必要、

考え直してみると

免許がないから実家に行かなくてすむ、、

実家の負のこだわりから抜け出すチャンスだったのかもしれない

 

「姉の帰省時の運転手」もしなくて済みます。

姉は実家に里帰りしたがるけど私はそのたびに運転手です

姉とのひと時は楽しくはある

嫌じゃないけど やや負担に感じるときもあります。

なければ堂々と免除でです。

 

空き家となった実家にもあきらめもつきます。

実家に行けないなら 実家を見捨てる

もう 人が住んでいないのだ、、

朽ちていくのは仕方のないこと。

 

実家に愛着はあります。

だが 潮時なのかもしれない

 

あ~あグダグダ、、

 

即日交付ではなかったので後日 講習を受けなければなりません

コメント