熟年夫婦の理解できないこだわり

ハンガーが足りない。

クリーニング屋でもらうハンガー、「型崩れする」とか「安っぽい」とかいう人もいるが私は針金ハンガーが好きだ

手軽で使いやすい、何より「薄い」のがいい。
タンスの中とか場所を取らずにたくさん入る。

子供が引っ越すときに持たせたり
表面のビニールがはがれたりして家の中から少しずつ減っていく、
100円ショップにあるので買えばいいが
もっと安く手に入る方法もある。
旦那がクリーニングからもらってくるハンガーだ。

旦那のカッターシャツをクリーニングに出している。
戻ってくるカッターについているハンガーを私にくれればハンガーの補充は完了だ。

だが、旦那は私にハンガーをくれない。自分で集めている。
自分で使うためではない。集めたハンガーを返すとクリーニング店からポイントがもらえるそうだ。

以前
「ハンガーが欲しい」といったら
「ポイントを集めている。」といわれた。
つまり 断られたわけだ。
ポイントはどんなものかと聞いたら
10ハンガーで10円らしい、、(1本1円)

100均ハンガーは7~8本入りだよ。1本10円以上する。
100均で1本10円以上のもの買わないとダメなの?

1本2円で買うからさ、、、、

ダメらしい、、、、、。

いいよ100円ショップで買うよ。
買えば済むけど すごくむかつく、、、、
TR093

これ数か月前のお話です。

この前、たまたま車に同乗しているときクリーニング店に行った。
ハンガーのついたカッターを受け取った。

再びハンガー争奪戦勃発

———–
わたし:「ハンガーが足りないんだけど」
ダンナ:「どれくらいたりないの」
わたし:「いっぱい、、かなり足りない」(クローゼットとか洗濯とかいろいろ)
ダンナ:「どこに何本足りないか言って。」
↑↑ すごくむかつく!すごくむかつく ↑↑

1円のハンガーだよ
四の五の言わずに「はい!」って渡せばいいだろう!!

「もういらない!買うからいい!!」
と大きな声を出してしまった。以後沈黙。

もう あきれたね。なぜあんなにこだわる。

私もね、、いろいろくだらないポイント集めてる。
そのポイントに旦那が手を出したらすごく嫌だ。
「別にいいよ」と言いつつ内心不愉快だろう。
わかる わかるよ、、でもね、、、

ひとはそれぞれこだわるポイントがちがう。

そこのところは何年たってもわからない。

本当に くだらないことにこだわる夫婦だ。

コメント