国民調査の調査員が来ました

車でラジオを付けているとCMの「国勢調査広報大使の織田信成です」というのをよく聞きます。

今日は10時ころ来客があったので出てみると国勢調査の調査員(?)の方だった。

名前を確認されて(なぜか違っていた)、 家族構成を聞かれ 男女比を聞かれた。

ラジオを聞きながら「インターネットでやってみようかな」と思っていたので「今回はインターネットでやってみようと思っています」と答えておいた。

説明書みたいなものを置いて帰られた。

「インターネットを選択されると助かります」とおっしゃっていた。

さて 書類を見て思った事、、

「インターネットの受付期間が短い」 、9月20日までだった。

今日から配布に回っても自宅に人がいるとは限らないので書類を手渡すまで時間がかかれば締め切りまでの日数が短くなる。

「ポストイン」でってことはないですよね。

インターネットでしない人にはあとで解答するらしいです。

国勢調査って大事な調査らしいですが、「突然くる」イメージがないですか?

CMも急に始まった、もう少し広報期間があると思っていたら今日だった。

前回 「プライバシーの件があって協力しない人が増えている」と言っていたなあ、、

今回はどうでしょうね、、

まもなくマイナンバー制度が始まるし すべてガラス張り、プライバシーなんてないです。

「国勢調査も、マイナンバーも すべて税金を集めるためにある」と思ってます。

コメント