カテゴリー「実家」、50代と実家の関係

実親の法要が近い。

いろいろあってまだ未定 、

という ブログを書きながら個の記事のカテゴリーを考えました。

実家については前に書いたけど どのカテゴリーで書いたっけ?

この年(50代)になると

生活の中に 実家 がかなりの割合で出てきます。

親が年を取ったということです。

先日の義母の口座に関する怪しい電話の 記事

不審な電話?高齢(82)義母にトラブル??

消費生活センター行きました、相談終了

よく考えずに 日記 家族 カテゴリーとしていました

この先もいろいろ出てきそうなので「実家・親」というカテゴリー作ってみました

前の記事については 見直して 後で分類を変えていきます

B47222

さて 実家、、、

若いころの実家とは50代になると違った形でのかかわりになります

うちは 父の病気が発覚したのが15年ほど前だったので

40歳から 変化しました。

それまでは

実家は 「助けてくれるもの」「頼りになるもの」

それからは

「助けが必要なもの」「頼りにされるもの」

です。

それでも 片方が元気なうちは

比較的余裕のあるお付き合いです。

母親がおりましたから、、

これが父母逆だったら違ってましたね

父(男性)でどれほどの介護ができたか、、

その後

のこった親 が 病気・高齢になると

かなり手助けが必要になります。

「頼られ度合い」 が上がるので

行動や時間的束縛のほかに

精神的にもとてもプレッシャーがかかります。

私の親は

「私たち子どもに迷惑をかけないように」と

本当によく頑張ってくれたので助かりました。

「自分たちもああなりたい」と思うような親です。

これも 男女逆なら 大変だったかと思います。

あの世代の男性は 「家事」に疎い ですから。

B6422

そして今 わたしのほうの実家は

両親が亡くなって 新たな段階に入っています。

法事 供養 住まない家 家じまい 親戚との関係

何をするにも「結末」「終了」が難しいと聞きます。

会社を興すより終了が、、

結婚より離婚が、、、

物の終了である「ゴミの始末」は世界的な課題です。

現在 私のほうの実家は

「問題が起きてから対処」で済ませていますが

頭の痛い問題です。

相続も 不動産の登記 がまだなんです

税金は私がちゃんと払ってますが、、

「負の遺産」だと思うのですが 誰が引き受けるのか、、、

B47167

夫のほうは たぶんこれから

「介護」

もしくは

「生活補助」 が出てきます。

お金の問題じゃなく 生活一般、、の支援

やっぱり 足腰 随分弱くなってます。

お金の面もやがて出てくるかもしれません

カテゴリー「実家・親」は重いテーマですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする