避難のさまたげ2 その書類

また台風が近づいてきています

 

前回の大雨の避難の際の重い荷物 の続きです

 

荷物が重くなった原因は

小銭のほかにも

書類、通帳類がありました

現在使っている書類ならわかりますが

あとから確認すると いらないものもいっぱいありました

B36515

 

後日 もちだし品を確認してがっかりしたもの

 

何年も前の「保険」書類

繰り越し済みの通帳

税金などお役所関係の通知

 

保険の書類がいっぱい

特に車の保険は年ごと更新なので 1年過ぎると意味はありません

そんな書類が

平成15年とか 12年とか、、、10年とか

「その車」はうちには すでにないものまで、、

 

思い出・過去資料としては良くても

保険書類としては意味がなくただの古紙、、

 

火災保険も 更新済みの分が数回分、、

これも 前の家の分まであるよ

 

学資保険の書類も、、

とっくに卒業したって、、、、

 

繰り越し済み 口座通帳もいっぱい

各口座5冊6冊前のぶんまでたっぷりあります

 

もちろん 過去の書類を取っておくのは自由ですが

避難の緊急時に

重たい荷物としては必要ありません。

ということです。

これも人によりけりでしょうが わたしはそこまで要りません

 

でも 私も捨てられない性格なので

過去の書類でも別箱に移して保管しました

 

これで 避難の重要書類からは外れました

 

小銭に限らず 現金も家にたくさん置いておくのはダメですね

あってはいけないことですが

災害時には 火事場泥棒みたいなことも多いようです

 

次の台風、、

被害がないことを祈ります

コメント