「ガソリン<ケーキ」ってどうよ?家計引き締めは難しい

2000円持って家を出る。

「これ以上は使わない!」

本当にお金は必要のない外出です。

駐車場300円だけ必要で 後は予備のお金。

残り1700円。

 

信号待ちで止まったら

オレンジ色のエンプティランプ(ガソリンが少ないお知らせ)がついていることに気が付きました。

1000円だけ入れれば帰りまで走りそうですが、ガソリンスタンドに行く時間がありません。

帰りに入れることにしていたのに

なぜか

「ケーキが食べたい」という気持ちに支配されてしまいました。

 

20160211-099ランタン

 

1700円ではどちらか片方の予算しかありません。

ガソリンは必要品

ケーキは必要品ではありません。

結局,

ケーキを買って帰りました。

 

家に着くまでガソリンが持つかひやひやです。

帰宅しましたが 次回の外出でガソリンスタンドまで持つか心配です。

全くの無駄遣いでした。

 

「定年したらこんな贅沢できないね」

と暢気に構えてましたが

いまになって

「自分の経済感覚が結構やばいのではないか」と思えてきました

 

定年に向けて縮小必須の我が家の家計。

ケーキなどぜいたく品です。

一個 300~500円もします、夫婦で1000円弱です。

甘いものがほしかったら菓子パン(100円か200円)にするとか

嗜好品は減らしていかなければなりません。

 

今回はガソリンを優先すべき状態(エンプティランプ点灯)なのにケーキを優先してしまっている甘さ。

う~ん 大丈夫かな、、

緩んで決まった経済感覚を引き締めるのは難しいです。

コメント